Blockchain: APP Mining / モバイルで仮想通貨へアプローチ

日常生活に必要なほとんどの作業がモバイル(スマートフォン)で完結する現在、仮想通貨のマイニングもノードによるブロックへの記録という本来のPoWマイニングを除けば、アプリを使ってのAPPマイニングという形態がデファクトスタンダードになりつつあります。2021年以降、多くのAPPマイニングを謳うブロックチェーン・プロジェクトが立ち上がっています。既に幾つかのプロジェクトでは実際にトークンをデプロイし、そのチェーンをローンチして稼働を開始しています。2022年のLUNAショックとFTX破綻で仮想通貨は底を見ましたが、2024年はBitcoinが4回目の半減期を迎え、連動するアルトコインやMEMEトークンの勃興とBitcoinFiというトレンドが軸になり進んでいきそうな気配です。 このブログではそれらについてまとめていきます。

当ブログでは主にL1/L2のブロックチェーンのベーストークン(ネイティブ通貨)をAPPマイニングできるアプリについて書いていく予定ですが、最近はそれに加えてGameFiやBCGameと言われるジャンルのものもそのトークンをEarnするAPPが増えていますので、それらについても触れるかもしれません。MEME(ミーム)コインも侮ることができない人気を獲得してきましたので、これにも触れます。
仮想通貨にはボラティリティが付き物なのですが、私はそれを狙うのではなく、むしろ手堅く確実性を好むタイプです。アッと驚くボラティリティがお好きな向きには魔界コイン界隈やFX界隈のブログをお勧めいたします。
ホワイトペーパーやテクニカルホワイトペーパー、各種アーティクルを読み解いて、充実したAPPマイニングを一緒に楽しみましょう。また、これから仮想通貨そしてブロックチェーンに触れようというビギナー向けの記事もまとめていきますので、ぜひどこかのL1にオンボーディングしてください。
Bitcoinが4回目の半減期を2024/04/20に迎え、各Blockchainの来し方行く末に大きな動きがありそうな潮流です。このブログではL1パブリックチェーンの中でも特にトラディショナルな薫りのするCoreチェーンを次代のワールドコンピュータだと比定しており、Core関連の動きを中心に記述していくことになります。
*このブログでは関連する話題のアフィリエイト広告を使用しています。

OpenEXでは2024.7.15の期限でTGE、Fair Launchイベントが開催されていましたが、公式Xアカウントから結果についてアナウンスが出ています。 ...

@Coredao_OrgのX投稿を見ても、徐々にCoreチェーンのContributorは素性を明らかにし始めています。いま確認できるweb上の情報から見えてくるCore Contributorについてまとめてみます。 ...

今度は$MOEWのバックストーリーを創作するコンテスト Bitcoinの50kを試す動きでアルトコインや草コインは総崩れになっているタイミングで$MOEW SUMMERキャンペーンを開催しているBitgetWalletの猫MEMEコイン$MOEWですが、先日のMEMEコンテストに続いて、$MOEWのバックストー ...

告知がなかったのでなんとなくコミュニティの空気が重く沈みそうなところにこのMEME募集が急にありました。 私も慌ててやっつけたRepostをしたのですが、なんと入選… ...

L2ローンチDePINプロジェクトのAviveは毎月恒例のロックアップ解除申請が可能な時期になりました ...

7月の$MOEWは1か月にわたってMOEW SUMMERという一連のイベントを実施する模様。 内容はまだ不明ですが、初日はBitgetWalletのCOOをゲストにAMAを開催です。 ...

Core Chain(CoreDAO)でスーパーフェアローンチイベントを開催。 このイベントの主目的は、募金ではなくマーケティングとリスティングのためのトークン価格の参考を提供すること。 イベントのOEX総額は総発行量の0.2%と比較的少なめ。 フェアローンチの最終分配トークン価格は、(イベントのOEX総額/参加トークン総額)によって決定。 ...

当時はまだ『Core』とGoogle検索をしても肝心のCoreチェーンの情報は引っかからず、殆どがBTCマイナー用クライアントのBitcoinCoreの解説サイトばかりでした。どうにかこのサイトとSNSを使って日本語検索での「Core=新規ブロックチェーンまたは仮想通貨」という関連付けを果たした自分を褒めたい、褒めてあげたい。可能なら @Coredao_Org から褒めてもらいたい。 ...

↑このページのトップヘ